炭火Blog

最大火力で魚を炭火で焼くキャプテンスタッグファイアグリルレビュー

Sumibi

※このページにはプロモーションが含まれています。

Table of Contents

炭火焼きを楽しむ為にしちりんと、大きな魚を焼く場合はU字溝を使っていました。

しちりんは炭の量の割には強い火力を得られる優れ物で、U字溝は大きさの割には低価格で、外に放置していても劣化しないという強みがあります。

魚を焼く場合は強火の遠火が良いと言われていますが、確かにしちりんで焼いた鮎は美味しく焼けました。

U字溝でも炭を多く入れると強火にはなりますが、もっと強くできたらという思いがありました。

Youtubeで見た鮎の塩焼きは炭火に送風機で空気を送って、真っ赤にした炭で焼かれていました。

U字溝に送風機を使うことも考えましたが、U字溝の幅の狭さは魚焼きには不向きなので、新たに炭火焼き用の台を購入する事とします。

選ぶ基準は空気が常に供給されて炭がよく燃えるものです。

キャプテンスタッグヘキサステンレスファイアグリル

ファイアーグリルの箱

今回選んだものはキャプテンスタッグヘキサステンレスファイアグリルという六角型に折り畳めるものです。

商品パッケージの写真のように空気穴が1面に2箇所空いるので良い仕事をしてくれそうです。

木を燃やしても良いし、炭でバーベキューもできるように網も付属していますが、後で述べるように火力がとても強いので炭の量に気を使いそうです。

この商品には数種類の大きさがありますが、これはMサイズになります。一番長い対角線が30cmになるので大きな魚は無理かとも思ったのですが、Lサイズと色違いの黒は値段が高いのでMサイズにしました。

ファイアーグリル

組み立てには難しい点はなく、写真のように上に重ねるだけです。

いつものように火起こし器を使い燃えた炭を入れるとかなりの熱を感じます。しちりんの数倍の炭の量なので当然かもしれませんが、炭が目で見ても真っ赤になっていて、空気穴からの酸素の供給で良く燃えていることが分かります。

想定より火力が強くて焦げてしまう

約15cmの距離を空けるためにブロックと耐火レンガで調節しコチを焼き始めました。

コチを焼く

数分で良い匂いと音がし始め、火力が強いかなと思い焼き具合を確かめてみると、黒く焦げてしまっていたので、オガライトを使って高さを上げました。

焦げたコチ

初めて使うので試しに一匹を焼いて良かったです。何匹か一緒に焼いていたらすべてを焦がしてしまうところでした。

二匹目は最初からオガライトを使った高さで焼いたので、焼き色もきれいな具合で焼けました。

うまく焼けたコチ
Amazonでキャプテンスタッグのアウトドア用品を見る

ヘキサステンレスファイアグリルを使った感想

期待していたより火力が強いです。

火力が強すぎてこの商品単体でバーベキューをするのは難しいようにも思います。今回行ったように魚の距離を離して焼かないと、あっという間に黒焦げになってしまいます。焚き火用に購入される方が多いと思うので、その点は問題にはならないのでしょう。

火力が強い分、炭の消費が早いので、長時間使う場合は炭の補給が必要になります。火の付いていない炭を定期的に足すことで火力は維持できそうです。

これだけ火力が強くて、炭との距離を離して焼く必要があれば、大きな魚でも焼けそうなので、距離を取るためのレンガを2つ買って試したいと思います。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

Amazon.co.jp
キャプテンスタッグヘキサステンレスファイアグリル(M)M-6498
Amazon.co.jp
[東和コーポレーション]牛床革手袋EXTRAGUARDTAKIBI5本指EG-012

関連投稿

週間アクセスランキング

このブログを書いている人

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。