炭火Blog

しちりんで焼くいわしの塩焼き

※このページにはプロモーションが含まれています。

節分にはいわしの塩焼きを食べる風習があるようです。

風習としてのいわしは食事の後にいわしの頭を飾る?「節分いわし」というものがあったり、地域によっていわしを食べたり、食べなかったりと特徴に違いがあるようです。

おそらくこの時期のいわしは油がのっていて旬でもあり、かつては大量に取れる庶民の口に入りやすい魚だったので、こういった風習が生まれたのではないかと思います。

旬のいわしを購入する

新鮮な魚が驚くほどの低価格で販売されているいつものスーパーにいくと、塩いわしという塩がふられたいわしが売られていました。

いわしは腹をだして焼いてしまうと身がバラバラになる心配があるので、串を使わずに網で、買ってきたそのままの姿で焼くことにします。うろこはあったり無かったり大きさによって変わるようですが、塩をしているということは、そのまま焼けば良いということなので、手間が省けます。

パックされたいわし

いわしやさんまなどの身が柔らかく、旬にはかなりの油を持っている魚を焼くのは注意が必要になります。

鯛などのしっかりした魚は串をうって魚の皮をきれいに残すことができますが、いわしなどは焼けると身が串から落ちてしまいます。そこで網を使って焼くわけですが、魚と網がひっついて魚がボロボロになることを避けなければなりません。

Amazonセールとイベント

いわしの形を保つ為の準備

しちりんで焼くいわし

まず網を加熱します。しちりん用の五徳を使わずに直接に網をしちりんに乗せて網を数分間加熱します。その網に刷毛でサラダ油を塗ります。

一度いわしを網にのせた後はいわしは触らずに、画像のように頭としっぽに火が入らない場合は、網を動かして全体を焼くようにします。

火が強いと油が多いいわしは腹が裂けてボロボロになるので、初めは焼ける音はしないけど、30秒後に焼ける香りがするくらいの火加減にします。

火加減は網の距離を離すことで調節できるので直径1cmほどの棒を数本用意すると便利です。

何度もいわしを返すと身が崩れるので、返えすのは1回で、片面5分程度の焼き時間でした。

旬のいわしは脂が多くてとても美味でした。滴る油の燃えた煙がいわしに良い香りを付け足し、よりいっそう美味しくなるようです。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
キャプテンスタッグBBQ用網炭焼き
コーナンオリジナル七輪用ゴトク

関連投稿

週間アクセスランキング

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。

Home
Sumibi
しちりんで焼くいわしの塩焼き