炭火Blog

共同産業山頭火を購入しました[国産オガ炭最安値]

Sumibi
grill tools

※このページにはプロモーションが含まれています。

炭火焼きに使う炭が無くなったので、新たに購入しました。

今回は共同産業株式会社の山頭火というオガ炭です。山頭火というオガ炭にも種類があり、今回購入した商品は山頭火徳用という、サイズの小さなオガ炭を集めた物です。

オガ炭はおがくずを木のように固めオガライトを作り、それを炭にしたもので、木を固める時に接着剤や添加物を混ぜる場合があります。この混ぜものが灰の原因になるのですが、何が入っているのかわからないよりも、何も入っていない国産のオガ炭が安心して使えます。

国内メーカーはオガライトを作るのに圧力だけで固めますが、それには技術が必要なようで、技術が足りないと添加物使わざるを得ないそうです。

国産のオガ炭にもかかわらず、値段は10kg/2310円(2024年2月)と他の国産オガ炭に比べると安く買えます。10kgの箱を2個から注文でき、配送料が別途必要になるので、送料無料の販売サイトと比較すると、関西までの送料が1265円なので、10kgあたり2943円になります。支払い方法は代引きのみになっています。

使ってみると驚くほど灰が少ない

このオガ炭の特徴は高火力と灰が少ないことで、特に灰の少なさは驚くものがあります。

うまく焼けたコチ

上の画像は高火力の海外産オガ炭ですが、穴の空いた炭は真っ白になっています。灰が炭を覆ってしまうと火力が下がるので、ある程度の時間調理をすると、うちわで仰ぐなどの灰を取り除く作業を行い、火力を回復する必要があります。

そして、そのときに困るのが撮影用に使っているiPhoneに灰がかかることで、灰はガラス質で固くスマートフォンの画面やカメラのレンズに簡単に傷をつけます。できたら灰は少ないと有り難いです。

小さくて申し訳ないのですが、コンロの中央にある黒い炭が今回の山頭火です。

灰が出ないオガ炭

その黒い山頭火をしちりんに取り出したのが上の画像ですが、ほとんど灰が出ません。黒い部分は火が付いていないのかと思いうちわで仰いでみると、真っ赤になるのでやはり火はついていました。、このように灰が無くて燃えているかさえ分からないような状態でも火力は強いです。

このように圧倒的に灰が少ないオガ炭は使いやすいです。灰が多いと火消壺の掃除も必要になるし、消し炭を再度使う場合には、覆った灰を落とさないといけないなど、手間がどうしても増えます。

Amazonセールとイベント

高価格のものから売れているのは品質の高い証拠

共同産業株式会の販売ページを見ると、購入できない商品があります。料理店などの定期的に購入するお客さんが決まっていて、少数を販売する分の商品は無いようです。

オガ炭山頭火の箱

家庭用で使う場合はしちりんなどの小さなコンロを使うので小さいオガ炭が使い良いです。長いとコンロに入らないので、長いから高いオガ炭を割らないといけません。

プロの場合はコンロが大きく、使う量も多いので長いものを使います。通販のページで購入できないものは長いもので、特別に高価な一種類を除いて小売は停止されています。

家庭で使うならこの山頭火徳用で十分です。火力も強く、炭は圧倒的に少ないこのオガ炭は、海外製が為替の影響で値段が上がっている現状、10kg3000円弱ならお買い得と言えると思います。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

ベストセラー1位
炭魂大黒オガ備長炭一級品長時間燃焼10kg
備長炭炭木炭バーベキュー富士炭化工業いよの小丸カット品10kg国産品最高峰のオガ炭

関連投稿

週間アクセスランキング

このブログを書いている人

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。