炭火Blog

[2024]ストリーミングサービスをDaphileで使用するための調査と設定方法[Spotify・Deezer]

このページにはプロモーションが含まれています。

ミニPCにDaphileという音楽再生専用OSをインストールしてから、音楽魂に火が付きました。

関連投稿
PCオーディオとしてのDaphileを考える | 炭火Blog
https://sumibi-blog.com/
WIndows Linux Daphileの音像の違い

現在使用している機材は

ネットワークオーディオプレーヤーDaphile
ヘッドホンアンプFiio K7
ヘッドホンAKG K702
デジタルアンプDENON PMA-60
フルレンジスピーカーFOSTEX FF165WK
ツイーターFOSTEX FT-17H
サブウーハーSONY SA-CS9

高級なものは買えないし、買っても良さが分からないと思うので、自分にとって必要最低限のレベルの物を揃えました。試聴しても家と店舗では環境が全く違って当てにならないので、よく調べて購入し、だめなら買い替えをして、納得できる物だけで構成できるようになりました。

オーディオ接続図

Amazonセールとイベント

サブスクリプションサービスに興味が出る

自分の所有しているCDはすべてFLACに変換しています。タグをつけてMicroSDカードに入れておけば管理が楽になります。

Daphileはラジオも聴けますが、当然ですがCDの音質とは程遠いのであまり聴くことがありません。CDも聴くものは偏っていて、だんだん聴くものが無くなります。

そこで、音楽のストリーミングサービスを使ってみようと思いました。今まで知らなかった曲と出会えるだろうし、何よりDaphileの高音質でいろいろな音楽を聴きたくなったのです。

現在Daphileで使えるサービスを調べて、次のサービスを選びました。

現在の使用可否国内サービス音質mysqueezebox.com
Spotify×不要
Apple Music不要
Deezer
TIDAL××
Qoboz××不要

Daphileは無料の音楽再生専用OSで、Linuxベースです。Logitech社(国内ブランドLogicool)が販売していたSpueezBoxというインターネットラジオで使われていたOSから派生してDaphileとなりました。

Logitechが開発したプラグインはmysqueezebox.comというサイトを経由して使用する必要があるようです。

mysqueezebox.comにてアカウントを作成し、使いたいアプリを追加した後にストリーミングサービスにログインします。

現在SpueezBoxは販売されておらず、おそらく後継機種も販売されることはないと思われます。ストリーミングサービス側がAPIを変更するなど、ログインの形式が変化した場合は開発が止まっているmysqueezebox.comからはログインできなくなる恐れがあります。

できればmysqueezebox.comを介さずにストリーミングサービスを使いたいと思います。

Amazon Music Unlimited いつでもどこでも音楽を楽しもう

Apple Musicを試す

まず試したのがApple Musicです。調べたところによるとiPhoneを使っていれば最も簡単にDaphileに接続できるようです。

所有しているCDを256kbpsのAACに圧縮し、iPhoneの標準アプリを使って運転中に音楽を聴いているので、今のままの環境で使えると考えたのです。

Airplayを使うためのプラグイン(ShairTunes2)をDaphileにインストールして再起動すればAirplayが使えるとのことでしたが、iPhoneのどこを触ればAirPlayに出力できるのかが分かりません。

しばらく探し回ってiPhoneのロック画面に表示される音楽再生画面の中にAirplayアイコンを見つけました。

Airplayアイコン

iPhoneの右上からスワイプをして現れる設定画面の中にも再生用のものがあって、そこにもAirplay用のアイコンがあります。

AirplayはApple Musicでしか使え無いかと言うと、そうではなくてiPhoneの機能として備わっているものなのでどのストリーミングサービスでも使用できます。高音質なデータをAirplayを使ってDaphileに送れるのなら、そのサービスのアプリを使ってDaphileでの再生が可能になります。

聴いてみた感想はCDと同じ音とは言えませんが、音楽は十分に楽しめます。しかし、私の環境だけかもしれませんが、再生開始時にプチプチノイズが入ります。そして再生途中にノイズとともに再生が終わることが頻発します。

訂正します。途切れたり音質が劣化していたのはこちらの環境のせいでした。WiFiの電波が弱いせいで不安定になっていました。DaphileをインストールしているPCが免許証ほどのサイズしかないので、1階にルーターを設置していて、2階の弱い電波のせいで接続が切れていたようです。中継器を購入たところ、全く途切れませんし、CD音質と同じ音が鳴るようになりました。

Deezerを試す

明らかに高音質です。何も違和感がありません。

ただ、Daphileの画面から音源を探すか、Deezerのページでプレイリストを作り、そのプレイリストをDaphileで再生する必要があります。スマホアプリからおすすめをクリックしてとは行かないようです。

聴きたいミュージシャンやアルバムが決まっている場合はDeezerがおすすめです。

Spotifyを試す

Daphileでプラグインを追加するには、Settingsを選び下部のAdvanced Media Server Settingsをクリックします。

advanced media server settingsの箇所

Spotifyを利用するには「Spotify for Squeezebox. Still spotty.」にチェックを入れてDaphileを再起動します。プラグインが有効になると「spotty」という名称に変わるので注意してください。

プラグインの設定はSpotifyのアカウント情報を入力するだけですが、SpotifyのスマホアプリからDaphileを操作するためにはDaphileでSpotify Connectを有効にする必要があります。

デノン Denon PMA-600NE Blurtooth
D&M 2019.9.6
ベストセラー2位- プリメインアンプ
Amazon.co.jp
デノンDenonPMA-600NEBlurtooth

Spotifyアプリのデバイス選択で表示される「*****(Daphile)」を選択してもDaphileとは繋がりません。

Spotify Connectを有効にするには、DaphileのAdvanced Media Server SettingsからPlayerタブを選び再生するUSB-DACを選択してその右のプルダウンから「Spotty Spotify for Squeezebox」を選択します。

そして「Enable Spotify Connect endpoint for this player」にチェックを入れます。

Spotify Connectの設定箇所

Spotifyのデバイス選択画面でUSB-DACの名称が表示されます。これはDaphileの右下に表示されるUSB-DAC選択表示と同じものが表示されるようです。

ここではPMA-60を選びます。これでSpotify Connectが有効になり、スマホアプリでDaphileが操作できます。

スマホアプリで再生デバイスを選択する

複数のUSB-DACがある場合、例えばスピーカー用のアンプとヘッドホンアンプ、その場合はUSB-DACごとに同じ設定をする必要があります。

しばらくSpotifyを使っていますが再生は安定していて不具合はありません。車内で聴くときは160kbpsの音質にしてみたのですが、音質に不満はありませんでした。車の中で音楽を聴くのは、風呂場の中でドライヤーを動かしながら音楽を聴くようなものなので、高いレートの音源は必要はありません。

車内でSpotifyで音楽を聴くとなると、たまに起動していたWindowsが完全に不要になります。iTunesだけがLinuxでは代替のものが無かったのです。

デノン Denon プリメインアンプ PMA900HNE
デノン(Denon) 2022.6.30
Amazon.co.jp
デノンDenonプリメインアンプPMA900HNE

Spotifyの唯一の欠点は最高音質の低さです。320kbpsのMP3と同程度の音質でしょう。音質の比較だけではDeezerの方が上ですが、Spotify Connectは圧倒的に便利です。使う人によってDeezerとSpotifyのどちらが良いか分かれるのではないかと思います。

中継器を導入してから3つのサービスを聴き比べるとSpotifyの低音質がとても気になります。提案してくれる音楽の良さではSpotifyが断然に良いので残念です。

Qobozのサービス開始とSpotifyの高音質化

Spotifyの音質が上がってSpotify Connectが使えて月額が据え置きならSpotifyがベストと言い切れますが、先の事なのでどうなるかは分かりません。

Qobozのサイトを見ると受付ページなどは存在するのですが、もう少しでサービスが開始すると書かれたページにリダイレクトされます。遅れてはいますがもうすぐサービス開始されるのではと思います。

Qobozはmysqueezebox.comを介せずともCD並みのストリーム再生がDaphileで可能になるので、サービス開始が遅れている原因が解決するまで、サービスの開始を待つことにします。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

関連ページ