炭火Blog

FOSTEX BK165WBを2Wayスピーカーに改造する

このページにはプロモーションが含まれています。

サブウーファーを使いだしてから低音のノイズに悩まされていた原因は、フルレンジスピーカーのバスレフポートからの音とサブウーファーの音との干渉でした。

スポンジを丸めてバスレフポートに詰めると「ジャー」という不快な音は無くなりました。

そして、ツイーターも後から足したものなので、木のスタンドを作りフルレンジスピーカーの上に置いています。

Amazonセールとイベント

使わないバスレフポートとツイーターの大きさ

ある時に、バスレフポートとツイーターの大きさが同じくらいな事に気がついて、測ってみたらツイーターが数ミリ小さいくらいの差で、ちょうどツイーターがバスレフポートに入りそうです。

フルレンジのバスレフポートは要らないので外し、そこにツイーターを付けてみることにしました。

スポンジでバスレフポートを塞ぐ

まずはバスレフポートが綺麗に外れるかを試します。

外れた後のバスレフポートの取り付け口の形状が分からないので、もしツイーターの取り付けができない場合は、穴を塞ぐ方法を考えなければなりませんが、穴を塞ぐだけなら方法は色々ありそうなので、バスレフポートは外す事にします。

スピーカーを外し、バスレフポートを触ってみると、しっかりと固定されていています。壊れないように左右に動かしてみるとスピーカーボックスの表面はポートと接着されていない事が分かりました。

恐れていたのは、全部が接着されていて、無理に外すと表面の化粧が剥がれてしまうことでした。

表面が接着されていないのなら力ずくで外せば良いので、ポートを下から叩くと上に抜けました。

プラスチックで作られたポートとスピーカーボックスのMDFはボンドで接着されることは無く、隙間にボンドが入り、きっちりと固定されているようです。

Fostexバスレフポート

ポートが外れた穴にツイーターを当ててみると、測って作ったのかと思うほどぴったりです。

Amazon Music Unlimited いつでもどこでも音楽を楽しもう

ツイーターの固定方法を考える

ただし、このままではネジを使ってツイーターの固定ができません。まずは固定の方法を考えます。

  1. スポンジで隙間を埋める。
  2. 裏に木材を当ててネジ止めをする。

適当なスポンジを隙間に入れて固定できないだろうかと思いましたが。裏からの引っ張る力が無いので綺麗には固定できませんでした、まあ、これは想像していたのですぐに諦めました。

次に、ダイソーのMDF(6mmx100mmx100mm)を3枚重ねてツイーターが入るようにくり抜き、それにネジで固定する方法を思いつきます。

ダイソーのMDFなら加工し易いでしょうし、何より安いです。ただ実際に購入してみると、スピーカー用のMDFに比べると密度が低く柔らかいようです。

FOSTEX FT17Hというツイーターはスピーカー本体と取り付けネジの間隔が狭いので、ネジで取り付ける為の穴なら問題がないのですがM4のボルトを通すための5mmの穴や、M4用の鬼目ナットのための6mmの穴を開けるのは難しくなります。

MDFにスピーカーを通すための直径63mmの穴を空けた後で、やっぱりボルト穴が空けられなかったとなっては63mmの穴あけ作業が無駄になるので、今回は下駄状のものを作って100mmx100mmのMDFに4つの穴を開けるだけでMDFの強度を保ち、工作の工程を減らす事にしました。

MDFと木片で作った下駄
下駄状のもの

木を真っ直ぐに切って直角を出すのは難しくてできない事も試し切りで分かったので、これまたダイソーの15mmx30mmx90mmの木片を購入してきて下駄の足とします。

FT17Hのネジの下の長さは40mmあるのでスピーカボックスのの厚さが20mm+高さ30mmの下駄の足でMDFの干渉は無くなります。

ここで課題が1つあり、これを固定する為のボルトは最低でMDFを2枚重ねたとして、20mm+30mm+12mmで70mm必要になります。できたらステンレスの黒色の物が欲しかったのですが、かなり大きなホームセンターでもメッキのシルバーのものしかありませんでした。

ステンレスの黒色の短いボルトを高ナットで繋ぐ方法もあるのですが、コストがあまりにも上がりすぎるのと、見えないスピーカーの中の作業はできるだけ減らしたいので、とりあえずシルバーのメッキを購入して、思ったように付けられるか試すことにします。

はんだごてを購入する

スピーカーケーブルのプラスにコンデンサーを挟むのですが、ケーブルとコンデンサをはんだを使って繋ぐのが最適だとは思うのですが、今までに一度もはんだを使ったことがないので、もたもたしてコンデンサを熱で壊すかもしれないと思い、ギボシで繋ぐことにします。

2wayスピーカー

ギボシとコンデンサははんだで固定するのですが、ケーブとでは難易度がかなり下がり、下手くそでも失敗しないのではと考えました、

生まれて初めてのはんだ付けは、熱がコンデンサに行かないように大きな釘抜きを放熱のために使ってなんとかできました。ジャンク修理のYouTubeを見ていて良かったです。

ツイーターを実際につけようとすると、どうもボルトはほんの少し内側に向いてしか入らないようで、直下に5mmの穴を空けても4本のボルトは穴に入りません。10mmのワッシャーで固定できたら良いので、穴を6mmにしてみると固定ができました。

Fostex キャンセルマグネット付 ローリーケージタイプ ホーンツィーター
Fostex
Amazon.co.jp
Fostexキャンセルマグネット付ローリーケージタイプホーンツィーター

当初は、鬼目ナットを使おうと考えていたのですが、垂直に穴を開ける工具がない場合は無理だと分かり、ナットで止める方法に変えました。

素人が適当に鬼目ナットを埋めてもボルトが上手く入っているように見えるのは、ボルトが入るところに鬼目ナットがあるからで、鬼目ナットが50mmも表面から離れると少しの傾きでボルトが入らなくなります。今回のようにまっすぐにボルトが入っているかどうかもわからない場合は、尚更にナットでの固定が良いようです。

バスレフポートにピッタリサイズのFT17H

今回一番困ったのはフルレンジのスピーカーの端子が外れないことでした。

通常であれば引っ張れば外れるのですが、まったくびくともしません、細かいものが見えないのでどうなっているかもよくわからず。虫眼鏡を探して見てみると小さな突起が引っかかりを作っていて外れないようでした。

その部分を尖ったもので押しながら引っ張るとスルッと抜けました。FOSTEXは端子の形状が違うのでしょうか。

とりあえず思ったように組み上げられたので、黒のネジを探してみると楽天市場の「ねじねじくん」で売っていたので購入して出来上がりとなりました。

goot(グット) 一般電気用はんだごて ニクロムヒーター KS-30R
太洋電機産業(goot)
Amazon.co.jp
goot(グット)一般電気用はんだごてニクロムヒーターKS-30R

完成した感想と音を出してみて

工作の制度を上げるためにできるだけ自分で切ったりせずに、ダイソーで買えるもので乗り切れたのが良かったです。木をまっすぐに切ったり穴を垂直に空けたりするのは工具が必要になるので、ダイソーの木片に感謝です。

スピーカーをアンプにつないで音を出してみるとツイーターの位置が下がったことで、音像が下がりました。

このスピーカーは70cmの高さのPCデスクに置いているのですが、スピーカーから音を出すときは、少し離れたソファーから聴いています。ツイーターが耳の高さに近づいたことで、高音がより細かく聞こえるようになりました。

BK165WBはすでに生産終了で、後継のBK165WB2も生産終了のようなので、おすすめしますと言えませんが、対費用効果の相当に高い2wayスピーカーができたと思います。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

関連ページ