炭火Blog

トヨタヤリスのカーバッテリーをLN0からLN2に変えたら思いの外手間取った

※このページにはプロモーションが含まれています。

Table of Contents

最初の車検時に、バッテリーの性能が半分になっていますと、ディーラーに教えられてから9ヶ月後にバッテリーの交換を行いました。

結果から申し上げますと、元のバッテリーサイズLN0から2周り大きいLN2の交換は可能です。

可能では有るのですが、LN2を装着することは想定されていなくて、作業は手こずりました。

今回は車のバッテリー交換のお話です。

車を購入から2年経った冬に、セルの回り方がおかしくなり、バッテリーが弱っているのを感じていました。不思議なことに3年目の冬はセルの周りは正常で、去年は何だったんだろうと思っていると、車検時にバッテリーをそろそろ交換したほうが良いと伝えられたのでした。

我が家のヤリスは昔ながらのガソリン車でアイドリングストップ機能がないのでバッテリーの価格は安いほうです。

しかし、規格がJASでは無いので、JAS規格のものに比べると少し高くはなるようです。

調べてみるとディーラーでもカー用品店でも結構なお値段するようなので、Amazonで購入して自分で交換することにします。

今回購入したものは

新車に付いているバッテリーの規格はLN0というもので、LN0、LN1、LN2とある内、最小のものです。

ヨーロッパ規格のバッテリーは高さと奥行きは同じで横幅が容量の違いにより異なります。それにより同じ取り付け用の台でいずれの大きさでも固定できるようになっています。

最初はLN1のバッテリを探していたところ、国内メーカーの日本製のバッテリーでは古河電池のバッテリーが他社のものとくらべてかなり安く売られていました。

LN1はガソリンヤリスの寒冷地仕様に使われているようなので、交換できると考えてのことです。

セールで安かったLN2

AmazonでLN1を買おうと思っていると同じ古河電池のLN2のバッテリーがおすすめに表示されており、なんと価格が同じなのです。

ちょうどブラックフライデー開催中に購入したので、セール価格のようでした。

車のボンネットを開けてバッテリーの固定台を確認してみると、バッテリー固定金具を止める箇所は3箇所あります、ということはLN2でもいけるだろうと考えLN2を購入しました。

バッテリーバックアップ

調べてみると、ガソリン車はバッテリーバックアップの必要性は必ずしも無いようで、初期化されてもエンジンは普通にかかるようですが、バッテリー交換がディーラーに頼むより圧倒的に安く済むので、バッテリーバックアップできる装置も購入しました。どんなものか興味もありますし、メモリーが消えて後から後悔することが無いとも限りませんので。

1億曲以上が自由に聴き放題 最初の30日間無料。キャンセル・プラン変更も可能。

エクステンションバー

ヨーロッパ企画のバッテリーの固定はボルト1本で行いますが、その場所はバッテリの底面に位置します。バッテリーの高さ以上の長さの延長がないとボルトにアクセスできません。手前のパーツを外せばエクステンションバーは不要のようですが、車の知識が全くと言って良いほどに無い私は、余計なところを触りたくはありません。30cmもあれば絶対に届くだろうと購入しましたが、ちゃんと使えて良かったのですが長すぎではありました。

予定していた作業内容は以下の通りです。

  1. 固定用ボルトを外す
  2. バッテリーバックアップを付ける
  3. バッテリーのマイナス端子を外す
  4. バッテリーのプラス端子を外す
  5. プラス端子につなぐ線の通電箇所に軍手をかぶせて紐でくくる
  6. 古いバッテリーを下ろす
  7. 新しいバッテリを乗せる
  8. プラス端子を接続する
  9. マイナス端子を接続する
  10. 固定金具を取り付ける
  11. バッテリーバックアップを外す

この工程を頭の中に叩き込んで作業を開始しました。

LN2を付ける想定ではない構造

バッテリーバックアップを取り付ける場所は運転席右側のボンネットを開くレバーの裏側にあります。

LN0なら何の問題もなく交換できるはずですがLN2はそうはいきませんでした。大きな困難は2つ有り

ln0とln2の端子の位置

上の画像の左が標準のLN0のバッテリーで右が新しいLM2のバッテリーです。端子の太さは同じなのですが、端子の位置がLN2のほうがバッテリーの端より離れた位置になっています。

ヤリスのプラス端子には赤いカバーとは別にケーブルをまっすぐ装着するためのガイドが付いていました。

端子接続のガイドとバッテリバックアップととエクステンションバー
左上が取り外したガイド

プラス端子を接続しようとするのですが、元のようにスッキリとは接続できなくて、一度バッテリーを下ろしてから端子の位置の違いに気がつく事となりました。プラスチックのガイドはボルトで固定されているので簡単に外れます。

その後、バッテリーを接続した後に固定金具を取り付けようとしたところ、スペースがなくて固定金具が入りませんでした。

LN2の右側の隙間は狭い

画像では見えにくいですが、矢印の先に固定金具が有ります。バッテリーを載せた後に固定金具をこの隙間から入れるのは無理なので、最初からやり直しです。

何とか固定できた方法は、バッテリーと右側のパーツに固定金具を挟むようにしながら、バッテリーを固定台に乗せるという方法で、固定金具の位置や向きを調節しなくてはならず、何度かバッテリーの上げ下ろしを行いました。

LN2のバッテリーは10kgを超えるので、何度も載せたりおろしたりを繰り返すのは体が悲鳴を上げます。

それから、バッテリーバックアップの持続時間は30分と書いてあり、早く接続しないとメモリが消えてしまうので、ゆっくり休憩もできません。何度か試していると固定できる方法が見つかり、やっとのことで作業終了が見えてきました。

想定とは違い実際の作業は

  1. 固定用ボルトを外す
  2. バッテリーバックアップを付ける
  3. バッテリーのマイナス端子を外す
  4. バッテリーのプラス端子を外す
  5. プラス端子につなぐ線の通電箇所に軍手をかぶせて紐でくくる
  6. 古いバッテリーを下ろす
  7. 新しいバッテリを乗せる
  8. プラス端子を接続しようとするが、きれいにつながらない
  9. 原因がわからないのでバッテリーを下ろす
  10. 原因がわかったのでガイドを外してバッテリーを乗せる
  11. 両端子を接続する
  12. 固定金具をつけようとするが隙間が狭くて入らない
  13. 両端子を外す
  14. バッテリーを下ろす
  15. うまくいく方法はないかと何度もバッテリーの載せ下ろしを繰り返す
  16. 腰が痛くなるけどバッテリーバックアップの時間が迫っているので休めない
  17. なんとか固定金具が止められる状態になる
  18. プラス端子を固定する
  19. マイナス端子を固定する
  20. バッテリバックアップを外す

思った以上に手間取りました。

ケーブルの長さに余裕がない

ハの字のケーブル

別の車種で何度もバッテリー交換の経験があったのですが、今までの車は少しケーブルの長さに余裕があって、大きなバッテリーに変えても何の問題もなかったのですがヤリスはLN0ピッタリのケーブル長しかありません。

上の画像のようにLN2を装着すると端子間がLN0より数センチ広がるので、何とか接続はできますがケーブルは引っ張られるようになります。

余計なテンションがかかるのは良くないと思いますが、仕方がないので考えないことにします。

次の交換は約4年後に行いますがLN1を選ぶ事を覚えていなければいけません。LN2は付けられますが、決しておすすめはできないと思ったのでした。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

Amazon.co.jp
古河電池(FB)360LN2日本製日本仕様EN規格品搭載車専用・国産車用カーバッテリー:EN.ACIES(イーエヌアシエス)ブックモールド極板採用
Amazon.co.jp
【Amazon.co.jp限定】カーメイトメモリーキーパー【バッテリー交換必需品】OBDIIコネクター給電仕様車のメモリー・各種設定消失防止に!レッドSA202
Amazon.co.jp
TRUSCO(トラスコ)エクステンションバー差込角凹凸9.5全長300mmTSEB3300

関連投稿

週間アクセスランキング

このブログを書いている人

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。