炭火Blog

ミニトマトを土嚢袋で育てる[2024]

※このページにはプロモーションが含まれています。

  1. 昨年の反省点から今年の作戦を練る
  2. 今年のミニトマトの植え付け作業
  3. 4月下旬
  4. 5月下旬

昨年はあまり上手く育てられなかったミニトマトに今年も挑戦します。

今年選んだ品種は「ピンキー」と「シュガーミニ」です。

昨年は苗を買いにホームセンターに行ったときには、ほとんどの苗が売れていて、3本買ったうちの1本は病気にかかっているような状態だったので、今年は入荷してすぐに買えたら良いなと、4月の第一金曜にいつものホームセンタに行った所、入荷したてのミニトマトの苗がたくさんありました。

買いに行く前に、どの品種が素人でも育てやすいのか調べたのですが、「千果」と「ピンキー」が家庭で育てるのに良さそうでした。

ホームセンターで探してみると「ピンキー」は売っいて、一番お値段が高く398円(税別)で、「千果」は見当たりませんでした。品種名のないミニトマトとだけ書かれたものは75円と低価格でしたが、2株しか買わないので「シュガーミニ」という名前からも甘そうな、サントリーのミニトマトを買いました。

昨年の反省点から今年の作戦を練る

昨年ははじめのうちは上手く行っていたのですが、途中からおかしくなってしまい、その反省点は

関連投稿

軒下に置く代わりに雨よけのシートを掛ける

急に大量の水を吸収してしまうと、トマトの実がはじけたり、急激に葉茎が成長したりと、良くないことが多いので、できるだけ雨に当たらない場所にプランターを置くほうが良いとのことだったので、軒下にプランターを置いて育て始めたました。

南側の軒下だから大丈夫だろうと思っていたのですが、どうも日照不足のようで成長が思わしくありませんでした。

そこで今年は、最も日当たりの良い場所に置いて、雨よけをかけることにします。

トマトを作る最良の方法は、ビニールハウスの中で育てることではないかと思うのですが、我が家の狭い庭ではそうも行きません。

そこで、雨よけのシートをプランターに掛けてみることにします。

ミニトマトの雨よけ

かなり昔の車のカバーを切って土嚢袋に掛けただけですが、ほとんどの雨の侵入は防げます。大きめのサイズのシートを使うことで、自重により風で飛びにくくします。めくれたりする場合は、ステンレス製の洗濯ばさみを重りに使い、安定させようと思います。

農薬は希釈済の物がおすすめ

殺菌剤を病気の予防のために散布しようと、粉状の溶かして使うタイプのものを買いましたが、家庭で使う適量が全く分りません。昨年は濃すぎる上に、撒いた量が多すぎたようで、ミニトマトの成長が止まってしまいました。

家庭用に売られているスプレータイプのものなら、使用方法に沿えば大きな影響はないだろうと思いますが、問題は価格だけです。

粉状の殺菌剤だと、一袋買えば使用期間のうちに使い切ることはないと思いますが、スプレータイプはすぐ無くなってしまいます。

何度か失敗をして、殺菌剤の濃度と量が分かればよいのですが、上手く行かない時はスプレータイプのものを使うことにします。

今年は液肥で追肥します

昨年は尻ぐされ病になってしまいました。肥料不足だったりカルシウム不足だったりと、原因が色々あるようなのですが、今から考えると単純に肥料不足だったのではないかと思います。

プランターではミニトマトのように肥料の要求量が多い場合は、即効性のある液肥が向いているらしいので、今年は1週間に1回のペースで液肥を与えようと思います。

Amazonセールとイベント

今年のミニトマトの植え付け作業

以前に使った古い土に有機石灰を混ぜます。そこにホームセンターで買ってきた野菜栽培用の土を混ぜ合わせます。

全体で50リットルほどの土を2つの土嚢袋に同量入れます。

ミニトマト用の土

この土嚢袋は耐紫外線のもので、5年位は使えるようです。

中央にくぼみを作りダントツ粒状を1グラム入れます。我が家の庭にはハモグリバエが生息しているので、この農薬を使わずに野菜を育てるのは不可能なのです。最近の農薬は用法を守れば安全だと思うので、説明書きを熟読の上使っています。

効果は抜群で、2ヶ月を過ぎるまでは完全にハモグリバエの被害を抑えられます。アブラムシにも効果があるのでおすすめの農薬です。

ミニトマトピンキーの苗

ダントツ粒状を入れたくぼみにミニトマトの苗を入れて、土をならしたあと、支柱を立ててから誘引紐を掛け、水をたっぷりやって作業は終了です。

昨年の失敗を生かして上手く育てられたら良いなと思います。

住友化学ダントツ粒剤1kg類白色

4月下旬

ミニトマトの花

3月からの雨模様の天候は4月いっぱいも続き、太陽が見える日は数えるほどしかありません。

我が家の2株のミニトマトは植え付けの翌日の大雨で、早くも病気が発症したようで葉に茶色い点が出てしまいました。昨年に買ったトマトの苗に出ていたものと同じに見えたので、早々にだめにしてしまったとがっかりしました。

病気になったからと言って苗を捨ててしまうのは早すぎると考え、茶色い点がでた葉だけを切り落とし様子を見ることにします。

今年は、できるだけ日の当たる場所が良いと考えて庭の真ん中にミニトマトを置いたのですが、我が家の庭には虫が多すぎて、葉が虫に食べられるのを避けるためと雨の多さを考えて、昨年と同じ軒下に移動させました。

病気にかかってだめかと思われたのですが、その後に出てくる葉には症状が無くてこのまま育てられそうです。

萩原工業楽ちんブラック土のう縦約45cm

5月下旬

気温が上がるとともにミニトマトの成長が早くなります。

昨年は意識しなかったのですが、トマトは肥料が多すぎると葉や茎だけが大きく育ち、花や実が付かなくなってしまうそうです。

そこで、今回は葉の状態を見ながら追肥は液肥だけで行うつもりでした。液肥だけなら肥料の量をコントロールできると考えたからです。そのときに考えるのがトマトはアミノ酸を与えると、より美味しくなるらしいので、どの手段でアミノ酸を加えるかということでした。

使っている液肥にはアミノ酸は含まれていませんが、家に有って、まだたくさん余っているマイガーデンベジフルには含まれているようなので、ほんの少し使うことにしました。

2023年5月のミニトマト

マイガーデンベジフルは少しずつ肥料分が溶けだすので、それほど肥料過多の悪影響が出ないだろうと思います。

昨年は尻腐れ病にもなってしまったので、今年はリキダスも与えています。リキダスはカルシウムが含まれていて尻腐れ病対策に効果があるそうです。そのリキダスの説明文をよく読むとアミノ酸も含まれてました。そして葉面散布するとのことで、今までのやり方は間違っていました。

何でもはじめに説明をよく読まなければと思います。

現在の我が家のミニトマトは、若干葉の色が濃ゆくて茎が太い程度で、花はたくさん咲いています。1段めの実はこんな数で大丈夫かと思うくらい付いているので今の所は順調に育っているようです。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

ハイポネックス
ベストセラー3位- 液肥・活力剤
ハイポネックスジャパン活力剤リキダス800ml

関連投稿

週間アクセスランキング

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。

Home
Creatures
ミニトマトを土嚢袋で育てる[2024]