炭火Blog
HOME
炭火を楽しむ

U字溝でさんまの炭火焼き[失敗編]

※このページにはプロモーションが含まれています。

Table of Contents

さんまの季節がやってきました。

しかし、近年は不漁が続いているそうで、今回購入したさんまは細身でした。

かつて見たような太ったさんまはなかなか捕れないのか、捕れたとしても安い値段でスーパーで売られることは無いのでしょう。

いつも行くスーパーに6匹が500円で売られていたので購入しました。

今回は思うようにさんまを焼けなかったのですが、次回への糧にするために投稿したいと思います。

さんまを焼くには炭の量が足りませんでした。あまごを焼いたときの感覚で炭の量を考えたのですが、さんまは強火で焼いたほうが良いようです。さんまは焦げるほどの強火で焼くほうが、美味しくなるように思います。

炭を起こして準備をする

キャプテンスタッグの折りたたみ火起こし器に使う分量の炭を入れ、着火剤と割り箸を使って火起こしをします。

煙突上になっていて、下から空気が入るようになっていれば、どんなものでも良いので火起こし器は用意しておいたほうが良いです。

炭の質が上がるほど火がつきにくくなるので、良い炭の購入と一緒に火起こし器の購入をお勧めします。

着火剤や炭の炎による上昇気流によって、火起こし器内に常に酸素が供給されて、放置しておけば炭に火がつきます。

Amazon セールとイベント

冬の味覚ポイント高還元カニ特集 【期間限定】ダブルポイント祭り

炭の量が少なすぎた

さんまと炭の距離を近づければ、炭の量はこの程度ででよいだろうと考えたのですが、間違っていました。上の画像の量では熱量が足りませんでした。

イメージしていたさんまの焼ける姿は、落ちた油に火がついて煙がもくもく上がる様子だったのですが、実際はじわじわ焼けていました。

次回にさんまを焼くときには、下の耐熱レンガは使わずにオガ炭を2段重ねにしようと思います。

Amazonでキャプテンスタッグのアウトドア用品を見る

合わせ焼き網を使ってみる

網を使ってさんまを焼くと網にさんまの薄い皮が付いて、身が崩れることを心配して、合わせ焼き網を購入しました。幅はさんまに丁度よいサイズで、均等に炭から熱が出てないときでも網ごと移動ができて、焼ける場所を変えられるので便利です。

油を塗って網にこびりつかせないような方法もありますが、この合わせ網だと網とさんまを剥がすのが、焼き上がったときに剥がす1回だけになります。

しかも焼き上がったときに剥がすのでさんまの油で簡単に網から離れます。

じっくり焼いたさんまの味は

火が弱いせいで思ったようには行きませんでしたが、焼けたさんまを頂いてみると、油っぽさがなくてさっぱりした感じでした。

さんま自体に油が乗っていないのか、焼く時間が長くて油が落ちてしまったのかは定かではありませんが、さっぱりしたさんまです。

新鮮なせいもあってさっぱりしたさんまは美味しくいただけました。

あゆやあまごは時間をかけてじっくりと焼き、さんまやいわしは比較的強い火でしっかりと焼くのかなと考えています。

次回は炭の量を大幅に増やして、さんまの塩焼き[成功編]を投稿したいです。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

キャプテンスタッグBBQ用網炭焼き一番合せ焼き網ワイドUG-2009UG-2009
amazon.co.jp
ロゴス(LOGOS)炭火サンマ焼き器81062152
amazon.co.jp

週間アクセスランキング

このブログを書いている人

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。