炭火Blog

U字溝で焼くお正月用の鯛の塩焼き[2023]

このページにはプロモーションが含まれています。

お正月用に鯛を購入しました。

今までは焼いたものを購入していたのですが、今年は炭火焼きにも少しなれたので自分で焼こうと思います。

40cmの養殖の鯛をスーパーで購入します。これだけ大きな魚は初めて焼くので、生焼きは避けて中まで加熱させることを最優先にし、炭の量や焼き時間を記録することで、次回に向けてより良いものを焼けるようにデータ取りをします。

今回、鯛の塩焼きの作業目標は下のように決めました。

Amazonセールとイベント

鯛の下準備

U字溝と鯛

鯛はウロコと内臓を取り除きます。今回はスーパーで処理済のたいをこうにゅうしましたが、釣ってきた時などに内臓の処理を自分でやる場合は、できるだけ腹を割く部分を小さくすると良いと思いました。

大きく腹を割くと、見た目が良くないだけでなく、焼いて熱が入ると、割いた部分が大きく開きます。

すると、開いた部分が炭に近づきすぎて焦げてしまいます。口やエラから取る方法や小さく腹を割く方法で処理すると良いようです。

塩をふる前に串で鯛の表面に穴を開けます。イメージとしては200箇所位でしょうか。数本の鉄串でしっかりと穴を開けます。

目的は、焼くときに皮が割けないようにすることと、塩が身に染み込むようとのことです。

串を鯛に打ちます、串を鯛の硬い骨に絡ませて鯛を落とさないようにするのが目的です。網で焼いてもよいのですが、皮をきれいに残そうとするなら串を打つ方が良いです。

大きい魚の場合は尻ビレの方向から串を打つ方が打ちやすいとのことでした。

45cmの串でも2本では串がたわむので、想定より炭と魚との距離が近づいてしまい、より強い火力になってしまった今回の教訓でした。

串の数を増やすか、太い串に変えれば良いのでしょう。

串の打ち方はYoutubeで「鯛 うねり串」で検索したものを真似してみましたが同じようにするのは難しかったです。

【Amazon.co.jp 限定】 新富士バーナー 日本製
新富士バーナー(Shinfuji Burner) 2020.4.1
ベストセラー1位- ガストーチ・バーナー
Amazon.co.jp
【Amazon.co.jp限定】新富士バーナー日本製

気をつけなければならないのは、鯛が炭に対して平行になるようにすることです。極端に斜めになってしまっては焼け具合が均一にならない事と、下側に下がったほうが炭に近すぎてしまうからです。

塩は焼く前の最低2時間前、鯛が大きくなるにつれて焼く前の時間を長く取るようにして、しっかり塩を鯛に染み込ませます。

塩の量は好みなので何とも言えませんが、思っているより多めでも塩辛くて困ることはないように思います。

炭の準備

どのくらいかが炭の適量かがわからない場合は多めの炭に火起こしし、余分は火消し壺に戻しています。いつも使っているキャプテンスタッグの折りたたみ火起こし器に一杯のオガ炭と岩手切炭を入れ、着火剤とオガライトを使って火を起こします。

オガライトには火の付き易さの利点があり、岩手切炭には食味の良さがあるので、混ぜて使っています。

鯛を炭火で焼く

鯛の塩焼き
焦げ気味の鯛の塩焼き

使っているU字溝は内法の1辺が15cmのもので、それに耐火レンガをのせると21cmの高さになります。

10cmの高さの炭で焼けば、11cmの距離で焼けると、ボーと考えていたのですが、これは明らかに間違いで、網で焼けばそうなりますが、串を打つと、串が鯛の中心に通っているとして、鯛の厚みの半分の距離が炭と近づきます。

また、串がしなって鯛が下にさがることで、炭に鯛がより近づいてしまいました。

いつもなら耐熱手袋をして高さの調整をするところですが、天気予報にない雨が振り始めてしまい、傘を手から離せない状態になっていました。

【Amazon.co.jp 限定】 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 2020.12.10
Amazon.co.jp
【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)

明らかに火力が強いのですが、今回はこれで焼いてしまおうと思い、表面20分裏面10分やきました。

せっかくの飾り塩も火力の強さには勝てず、真っ黒になって焦げています。心配なのは、30分の焼き時間で中まで焼けているかどうかです。見た目は焦げていて中は生だとあまりにひどいので、確認することにします。

身の厚いところを切ってみると中までしっかり火が通っていて、一安心です。味はどうだろうと味見をすると、焼きたての鯛は養殖なのにとても美味しかったのです。

今まで頂いた正月用の鯛とは比べようがないくらい美味しい鯛の塩焼きの話を家族にすると、今日のうちに食べようという話になり、大晦日に焼いた正月用の鯛は、正月を待たずになくなってしまいました。

次回に向けての反省点

まずは、炭と鯛の距離が近すぎたこと。大きな魚を焼くようにあと2つ耐火ブロックを購入しようと思います。大きな魚は、魚の大きさの分炭に距離が近づきました。

インドネシア産のオガ炭が切れて、今回共同産業株式会社の国産のオガ炭を混ぜて使ったのですが。このオガ炭の火力が想像以上に強く、思ったより魚が焼けてしまいました。さすが国産。

焼鳥を焼こうと購入したU字溝ですが、たくさんの焼鳥を一度に焼くには技術が必要で、家族の食事として焼くなら七輪で十分だったので使わなくなるかと思いきや、魚を焼くのに重宝しています。

焼鳥は味付けが難しく、プロに近づくのは困難ですが、魚は塩だけで良く、かなり美味しいものが出来上がります。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

関連ページ