炭火Blog

プランターで育てるそら豆の全記録[2022-2023]

Creatures
//

※このページにはプロモーションが含まれています。

Table of Contents

何かプランターで育てられる野菜が無いだろうかと、ホームセンターを探しているとそら豆の苗があります。

そういえば最近スーパーでそら豆を見かけなくなったような気がするので、少し知らべてみると、豆は連作障害に気をつければ比較的栽培しやすい野菜だとわかりました。

品種名の無い苗だと1株100円で買えることもあり、プランターでそら豆の栽培に挑戦します。

我が家の庭はハモグリバエの被害がひどいので葉がしっかりしていて、比較的ハモグリバエに強そうなそら豆は良い選択ではないかと思います。

10月

20リットル入るプランターに、いつものように再生した土・腐葉土・マグァンプK・カキ殻石灰を適当に混ぜ、ホームセンターで購入したそら豆の苗を植え付けます。

そら豆は脇芽がたくさん生える脇芽に実が付きやすそうなので、当面は脇芽の成長を見るだけになりそうです。

12月

そら豆の主枝を根本からカットする

貝殻石灰と少量のマグァンプKを加えた土に苗を植えただけなのですが、プランターに2株植えたのは誤ったかなと思います。1株でも土の量が足りないかと思うのですが、このまま様子を見ることにします。

そら豆の苗は成長しすぎると枯れやすくなってしまうようですが、わが家のそら豆は脇芽が4本出ていて成長がとても速いように感じます。

主枝を切ることで脇芽を成長させて収量を増やせることをYouTubeで今日知ったので、すでに遅いのかもしれませんが切ってみました。

摘心したそら豆の枝

育ちすぎて良くない状態なのか全くわかりません。肥料はあまりたくさん入れてないように思うのですが、入れすぎると茎や葉だけが育ってしまい実が成りにくくなってしまうそうです。

12月のそら豆の苗

見た感じではきれいな色で元気に育っているように思うので、現時点ではこれで良しとしますが、寒波が来ることがあれば防寒対策を何かしようと思っています。

Amazonでガーデン用品を探す

1月

ここ兵庫県南部では近年では雪が降ることはあっても積もることは無く、自動車のタイヤも夏タイヤのままで過ごせるような地域です。

しかし今月の下旬の寒波では雪が積もってしまい、気温も氷点下5度を下回るような日がありました

あまり変化のないそら豆

そら豆は寒波で寒くなった日のみビニール袋をかけて寒さをしのいだだけでしたが、ダメージは受けなかったようです。

先月と比べるとさほど成長はないように見えますが、緑が濃くなり茎が太くなっているので、春に向けて土の中では成長を続けているのでしょう。今の所アブラムシは付いていません。

そら豆

ハモグリバエの心配をしながらも対策を決めかねていたのですが、きれいな緑色に育つそら豆を見て、ハモグリバエ対策に農薬を使う決心をしました。

春になって被害が出る前に対策しようと思います。

2月

同時に栽培しているスナップエンドウと一緒にダントツ粒状という農薬を使いハモグリバエ対策を行います。

ダントツ粒剤

このダントツ粒状はハモグリバエには効果が強く、全く被害が出ません。

整枝と土寄せ

太い枝を5本残して、それ以外は根本から切り落とし、今後に枝が生えないように、残した枝が倒れにくいように土寄せを行いました。

後から分かったことですがプランターで土寄せは必要ないようです。土を足したとしても、プランターでは大した高さには盛れませんし、土が増えると水やりがやりにくくなります。

プランターの場合は土寄せは行わず、脇芽が生えるたびに切り取るほうが良いと思いました。

2月下旬のそら豆
Amazon.co.jp
住友化学ダントツ粒剤1kg類白色

3月

春が近づくに連れそら豆の成長する勢いがましています。

そら豆の成長点を切り取る

そら豆は一株で70から90の実が収穫できるとの記載が多くあったので、プランターの場合は地植えよりすくなるだろうと考えて50を上限に考えることにします。

最初に豆から生えた主枝を、脇芽が生えたあとに切り取って5本のわき芽を残しました。

5本の枝に一箇所2個、5節に実をつけられるように調整します。

花に実がつかない場合があるようなので花を摘むのではなく、実の成長を見て小さい実を取り除いて数の調整をしようと思います。

枝に花が5節咲いた時点で、成長点を切ります。成長点を切っても残った部分が大きく成長しています。

成長点を切ることで栄養が実の成長に回るそうです。ただし、花が咲いた5節の上の2節の葉を残したほうが良いという考えもあるようです。

今回は5節の花の上で成長点を切っています。

そら豆の水やり

地植えとプランターで一番の違いは水やりで、3月下旬の晴れた日だと毎日の水やりが必要になっています。

そら豆は水が足りないと葉が下に垂れるので、水切れがわかりやすいです。

Amazon.co.jp
ハイポネックスジャパン活力剤リキダス800ml

4月

4月に入って気温が上がってきました。

そら豆にできた赤い点々

そら豆は赤い点々が葉に現れています。こちらもうどんこ病と同じくカビの一種が広がっているようで、暖かくなる前に殺菌剤を散布して予防をするものだそうです。

ただ、すでに感染してしまった植物に対しての薬を見つけることができなかったので、気休め程度ですが木酢液を希釈したものをそら豆にも撒くことにします。

成長の止まったスナップエンドウとは違い、そら豆の莢は大きくなっているようなので、このまま様子見をしようと思います。

大きくなったそら豆

木酢液の散布後は大きくなっている莢も結構な数ありますが、全て順調に育っている訳でもありません。

茎の上の方の莢は小さいままですが、これから大ききなるのか、それとも小さいままなのか楽しみです。

今回分かったことは、4月になって気温が上がる前にカビ予防の処置をとったほうが良いということです。

そら豆の花は茎の1節に4つくらい咲きますが、莢が4つつくとは限りません。今年の我が家のように株に対して土の量が少ないと、莢の量は勝手に少なくなるようです。

Amazon.co.jp
工進(KOSHIN)蓄圧式噴霧器タンク4LミスターオートHS-401E1段ノズル噴口1個防除消毒散布

5月

そら豆は病気のせいもあり、成長が止まってしまいました。

しおれたそら豆の葉

赤いサビのようなものが葉に目立つようになってから、500倍に薄めた木酢液を週に1回散布したところ、赤い点は増えなかったのですが、画像のように元気がなくなってしまいました。

かなり薄めているので木酢液のが原因ではないと思うのですが、枝先の小さな莢は黒くなり、大きな莢も成長が止まっています。

栽培を終えての反省

小さすぎるプランター

そら豆はプランターから土を取り出したところ、根で一杯になっている有様で、これでは成長できないと感じました。

プランターいっぱいのそら豆の根

土壌が酸性に傾いた?

これは調べた訳ではないのですが、10月に植えて4月になるまでに雨のせいで酸性度が強くなったのではないかと推察しています。豆類は酸性に弱いとのことでしたので、有機石灰を多めに入れたつもりでしたが長期間の間の雨で、石灰分がなくなってしまったのではと。

有機石灰は追加もできるので、数ヶ月後に加えるとよいのかもしれません。本来は測定器で測って調整するべきでしょう。

有機石灰は追加もできるので、数ヶ月後に加えるとよいのかもしれません。本来は測定器で測って調整するべきでしょう。

再利用のためにプランターの土を殺菌する

野菜を植えるたびにホームセンターで土を買うわけには行きません。何十リットルの土を処分できる場所は我が家の小さな庭にはありません。

そこで、太陽熱消毒をおこない害虫と病原菌をできるだけ減らし、連作障害を起こりにくくしたいと思います。

畑で太陽熱消毒を行う場合は黒いビニールをかけて土の温度を上げるそうですが、プランターの土は量が少ないので、ビニール袋に入れて庭に放置することにしています。

プランターから取り出した土

まずは丈夫なシートの上にプランターの土を取り出して根を取り除きます。ふるいがあれば効率が良いのですが、手で取り除いても25リットル程度の土ならばすぐ終わります

たまに土の中にミミズがいるので、見つけたら庭の土に逃しています。

根を取り除いたプランターの土

根を取り除くとサラサラの土が残ります。見た感じではこのまま使っても良さそうに思えますが、他に使う予定もないので次の工程に移ります。

黒い袋に土を入れる

ビニール袋に土を入れ、水をできるだけたくさん入れて袋をきつく縛って酸素が入らないようにして作業は終了です。

この工程で気をつけているのは、袋を放置する場所で袋詰をすることです。以前は水道の蛇口がある場所で袋詰をしていて、水を入れてから陽のあたる場所に移動させていたのですが、運ぶ途中でいくつかはビニールに穴を開けてしまいました。

今のビニール袋は薄いので、水を含んだ土を入れて運ぼうとすると、指が当たる部分に穴が空いてしまいます。穴が開かないとしても結構重いので、陽を当てる場所で土と水を入れるようになりました。

5月の下旬だというのにすでに夏のような気候になっているので、今の時期でも2ヶ月間放置していれば、中の水は蒸発し、サラサラの再生土になると思います。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

関連投稿

週間アクセスランキング

このブログを書いている人

管理者 ほんだ

数多くあるブログの中で、このページをお読みくださりありがとうございます。このブログは、炭火で美味しいものを作ることを中心に、日々の趣味についてを文章にすることで、WordPressを使ってのWebページ作成を忘れないようにしています。熱帯魚の世話や野菜の栽培、Linuxについて興味のあることを、つたない文章で綴っています。兵庫県在住です。